【大学編入】進学する高専生の主な進学先 5選

大学
スポンサーリンク

こんにちは。

今回は高専生が多く進学する学校の5つを紹介していきます。

高専生の多くは就職するらしいですが、僕のように一部進学する人もいます。最近は進学者がだんだんと増えているそうです。

高専生で進学する人の多くは大学院で修士の学位を取得します。あまり、学士で終わる人は少ないようです。

まあ、高専の就職は大学より楽で優遇されている面も多いですからね。

本題からずれてしまいましたね。

では、戻りましょう。

スポンサーリンク

各高専の専攻科

これは言わずもがなな気がします。高専には専攻科と呼ばれる高専の5年にプラス2年高専にいられる学校が存在します。

専攻科を卒業すると大卒と同じになるにもかかわらず、国立大学の学費の半額で卒業できるので親孝行にはもってこいの進学先です。

僕がいる学科は進学者の半数は専攻科に入学しています。

学費が安く、よくも悪くも環境も変わらないため人気の進学先となっています。

スポンサーリンク

長岡技科大、豊橋技科大

技科大も高専生が多く進学しています。

技科大についてあまり知らないという方向けに技科大に関する記事を書いているのでそちらもご覧ください。

推薦入試は面接、筆記試験ともになしで受験できるので受験の負担の軽さは随一です。

スポンサーリンク

地元の国立大学

まだ実家で暮らしていたいという人は地元の国立大学に進学します。地元の国立大学の受験はその県の高専生が入試でかなり有利になります。

これは別に試験において優遇されているからとかそういったものはなく、ちゃんとした理由があります。

高専生の編入は受験者がまだまだ少なく、このようなブログ記事ぐらいでしか情報が集められません。

しかし、地元の国立大学は先輩が受験したときの情報を先生や学校が蓄積しているため、ほかの県からの受験者よりは情報量が多くなり、しっかりとした対策ができます。この点で有利なのです。

スポンサーリンク

旧帝大、東工大

旧帝大と東工大も多くの高専生が進学しています。

旧帝大、東工大の受験は専門科目より数学、物理、英語などの一般科目の配点が高く、受験日がかなり遅いのが受験の特徴です。

高専でも専門分野において高い志を持つ人はこのような大学に入っています。

成績がかなり優秀でも受験を面倒がっているひとは専攻科に進学していました。高専生で受験勉強が嫌いな人は成績にかかわらず多くいます。

それと旧帝大の工学系は一般の大学生には編入学試験の受験資格がなく、受験できるのは高専生のみです。

このような理由で旧帝大は確かに難しいですがそれほどでもないんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

電通大、名工大、農工大、筑波大、埼玉大

これらの大学は特に積極的に高専生を受け入れている大学です。

特に農工大はかなりの数の高専生を受け入れています。

また、筑波大は情報系のみの学群(学部のようなもの)があり、情報系だけでも3つの学科から選べます。受験生も三分されますね。

これらの大学は受験の遅い旧帝大受験者の併願先として使われることが多いので比較的難易度が高くなっています

僕が考える電通大、名工大、農工大、筑波大、埼玉大が併願先として使われる要因は以下です。

  • 合格確約書がない
  • 編入学者の受け入れ人数が多い
  • 旧帝大と受験科目がかぶっている

併願としてはもってこいということです。

スポンサーリンク

最後に

高専から大学編入は普通に大学に入るより圧倒的に楽だと思います。その理由を以下の記事で説明しているので興味のある方は見てください。

あと、高専生は全国に散らばっていきます。僕の学科だけでも進学先が北は北海道、南は九州と広い範囲に行きます。

僕個人としてはそれはとても面白いと思います。全国のどの地方にも友達がいるんですよ。

また、就職組もいろんなところに派遣されるでしょう。

バラバラになった後、正月かお盆にでもみんなが地元に帰ってきて集まったときはいろんな話が聞けそうで、とても楽しみです。

他にも編入や高専に関する記事を書いているので是非見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました