【大学編入】編入学試験の参考書はこれだけで十分

勉強法
スポンサーリンク

編入学試験に向けて、どの参考書を使ったらいいかわからないという人に向けた記事です。

今回紹介する物はどれも僕が実際に使ったものです。

よかったら参考にしてください。

スポンサーリンク

英語【TOEIC】

単語

単語はやはり金フレですね。金フレは単語数が少ないですがほんとに厳選されたいい単語ばかりなのでTOEICの学習には僕は必須だと考えています。

単語数は少ないので他にも単語帳を買ったほうがいいと考える方もいるかもしれませんがいりません。金フレの自分に合ったレベルの単語まで覚えた後は実際に問題を解いていきわからないものがあったらその都度調べる、というスタンスが一番効率がいいと思います。

コンパクトなのでもち運びにも便利です。

もし銀フレと金フレで迷っている人がいるなら、間違いなく金フレをお勧めします。銀フレは中学の単語のようなかなり簡単な単語が金フレの前半に追加されたようなものです。

受験に参考書を選ぶのに迷っている時間は無駄です。決めたらすぐ買って勉強を始めていきましょう。

文法

正直、TOEICにおいて文法はそこまで重要じゃないと思っています。

僕がこのように考える理由は

TOEICの文法問題は主にPart5,6です。5,6は問題数が少ないうえに5,6の中でも単語問題が多いです。

文法をあまりやらなかった僕でも600点まではいけました。しかし、文法が中学校のままだという人はこの本をお勧めします。

この本は中学生の文法の復習から高校の文法までを網羅していますが要点だけを抑えているので一週間で終わるほどまとめられています。英語の勉強をあまりやってこなかった高専生には最適な本です。

基礎の基礎はできていてTOEICによく出ている文法に集中してやりたいという人はこの下の本を使ってください。

やはり、特急シリーズの本はあまり外れません。少なくともこの本と金フレは大当たりです。

この本を使っている人は僕の周りにもたくさんいました。それだけ認められているということです。

問題集

TOEICの問題集は公式のものを一番お勧めします。

僕は公式のものと非公式の問題集は問題自体はほとんど同じと考えていますが、公式のものはリスニングのスピーカーが本番と同じであるという点がおおきいです。

それと公式のものは公式なだけに最新の問題が載っています。

あまり知られてないかもしれませんが、TOEICの問題は変化しています。大幅な変更はあまりありませんが、問題のシチュエーションは刻々と変化しています。

ですので、最新の問題が載っている公式の問題集を最新のものから3つぐらい買うのがいいと思います。下の商品が公式の問題集です。

公式の問題集はテスト2回分しか載っていないため、演習量が少なく、やりこみが必要だと思う人はこちらの問題集シリーズがいいと思います。

こちらの問題集はかなりの問題量が収録されています。

しかも、解説が丁寧で、新形式にも対応しているため、やりこんで点数を一気に伸ばしたい人にはうってつけです。

以上で英語編は終わりにしますが、もしあなたが学生で図書館などが利用できる環境ならすべて買う必要はありません。図書館で借りたり、図書館で勉強しましょう。

特急シリーズの二つは買って、ボロボロになり、暗記するまで使い込みましょう。単語帳でも愛着がわくものですよ。

スポンサーリンク

数学

教科書は高専のものを使う

教科書は受験だからって買う必要はありません。高専の教科書で十分です。

もし受験まで時間があるなら、問題集に入る前に教科書を隅から隅までやってみましょう。微分や積分が何なのかぼんやりしていた数学がかなりはっきりとしたものになります。

問題集

問題集は編入数学過去問特訓が一番いいと思います。

まずは編入数学徹底演習をやるのがいいという方もいると思いますが、やる意味はあまりないと思います。

徹底演習の多くの問題は教科書の問題です。徹底演習の問題は教科書の問題で賄えます。

過去問特訓は問題数が多く、難易度別に問題が分けられているので、編入数学の全体像が見えてきます。要はゲームでいう攻略本です。

スポンサーリンク

物理

力学

力学の参考書はこの一冊に決まりです。断言します。

この参考書は大学初等の力学の考え方(微分方程式を使った考え方)が身につきます。この考え方を身に着ければ大学の初等力学なんて全く怖くはありません

この参考書は物理の参考書にしては式に対して文章の割合が多いです。この点が微分方程式を使った考え方を身に着けるのに大変役立ちました。

ただ、この本は問題集ではないので、問題量が少ないです。

大学の力学の考え方を身に着けている人で問題をとにかく解きたい人はは、力学など物理全般は問題集を使わず、いろんな大学の過去問を使いましょう

電磁気学

電磁気の教科書は基本的には授業で買ったものでいいと思います。しかし、授業等で買っていない場合はマセマがおすすめです。

このマセマは図や例題がありとても分かりやすいです。例題がかなり簡単なため、ガウスの法則などの公式の使いかたをすぐに理解できると思います。

電磁気の問題集は私はこちらを使っていました。

この問題集は古いものですが、問題がかなり絞られています。無駄な問題がありません。実際、僕の編入試ではこのファイリングノートに乗っているものと全く同じ問題が出ました。

オーソドックスな問題が多いです。応用的な問題はほとんどありません。そもそも、編入学試験の電磁気はそこまで応用的な問題がない印象です。

この問題集はかなりおススメです。

熱力学

熱力学で教科書は必要ありません。熱力学を初めて勉強する人は問題集を買ってください。いきなり問題集をやっていき、答えを見ながらやってみてください。

これだけでもかなり熱力学がわかってきます。ちなみに僕が実際に使ったお勧めの問題集はこちらです。

なぜいきなり問題集から始めるのかというと、熱力学は応用問題がほとんどなく、編入学試験に出ている問題(ほとんどが熱サイクルの問題)はgoogleで検索にかければ答えまですぐに出てきます。

つまり、熱力学は答えまでの式をを覚えてしまうぐらい問題を繰り返しときましょうということです。

スポンサーリンク

最後に

受験において、参考書を選ぶのに迷っている時間は無駄だといいましたが、編入試は情報量が少ないためいろいろと慎重になってしまうのは分かります。

とりあえず買うか、図書館でその本を実際にやってみてください。やってみて違うなと思ったらすぐにその本から離れてください。

なんか違うと思うが、せっかく買ったしもったいないからと言ってやるのはほんとに無駄です。それは時間とお金を無駄にしています。

受験はお金を無駄にしたとて、合否にはかかわってきませんが、時間を無駄にするとその無駄にした時間は全国のライバルと差が開いているということをわかってください。

とにかく、手を動かして勉強してくださいね。応援しています。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました