【大学編入】高専生が避けるべき勉強法 5選

勉強法
スポンサーリンク

こんにちは。

今回は高専生が編入学試験に向けて避けるべき勉強法を教えます。高専生は受験勉強をあまり経験したことがない人が多いのであまり効率のよう勉強をしていない人が多いです。

そんな高専生に向けた記事です。今後の参考にしてください。

勉強法は人それぞれな部分もあります。これはあくまで僕個人の意見です。

では、行きましょう。

スポンサーリンク

友達と一緒に勉強

友達と一緒に勉強するとなると自分のペースで勉強できなくなり、自分の気分で勉強を休めなくなります

集中力がなくあなたの勉強の邪魔をする友達もいるでしょう。

本気で勉強したいならだれにも邪魔されなく、雑念のない環境で勉強しましょう。

友達と一緒に勉強することを全面的に否定するわけではありません。時と場合によります。

では、どのような時が友達と勉強するのがいいのかというとアクティブな勉強をするときや、応用問題など難しい問題の解き方について議論する場合です。このような時は友達に問題の解き方を説明したり、説明されたりすることができます。

しかし、一緒に勉強する友達は自分と学力ができるだけ近い人にしましょう。学力が自分より低い人とやると解けて当然な問題など議論するまでもないようなことまで頻繁に説明され、集中をさ害されてしまう可能性があります。

逆に、自分より学力の著しく高い人には相対的に自分が頻繁に質問してしまい、気を使うようになってしまうでしょう。

スポンサーリンク

ひたすらノートに書きなぐる

ひたすらノートに書きなぐるような勉強はやめましょう。

これは勉強とは言えません。作業です。これで頭に入っていると思う人が本当にいることが不思議です。

逆に何も書かない勉強もお勧めしません。必要なことを端的に書く勉強をしましょう。

スポンサーリンク

問題を一回しかやらない

問題集や過去問は何周もしましょう。一回ではあまり意味がありません。

僕が思うに2,3週目が一番頭に定着しています。一回で終わらしてしまうのはとてももったいないです。

スポンサーリンク

スマホを見えるところにおいて勉強

スマホは目に見えないところにおいて勉強しましょう。

これは雑念をなくすためです。できれば手の届かないところにおいておくのがいいと思いますが、わからないところはスマホで調べるという人は見えないところに隠すか、マナーモードにして画面を下にしておきましょう

今やスマホは何でもでき便利ですがその便利さゆえにたくさん使ってしまいがちです。SNSは特に気を付け、スマホとうまく付き合っていきましょう。

スポンサーリンク

過去問の回答を作らない

過去問の解答は作りましょう。自分の受ける大学は絶対です。

解答を作る際に気を付けるべきことは

  • 曖昧なところは先生やわかる人に聞く
  • 解き方考え方など詳しく書く
  • ファイルなどにまとめて保存しておく

です。自信をもって答えが導けないところは他の人に解いてもらい答えがあっているか確認してください。

僕の周りにも間違った答えでそれがあっていると思い込んでいる人はいました。自分の答えを常に疑ってください。

スポンサーリンク

最後に

高専生の大学編入は情報戦とよく言われますが、それは間違ってないと思います。

しかし、インターネットが普及したことで情報に差がなくなってきたのが事実です。

僕は情報を必要としている人のために他にも編入に関する記事を書いているので是非見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました