【大学編入】編入学試験の口頭試問の対策法

勉強法
スポンサーリンク

こんにちは、RiKです。

今回は編入学を控えた高専生向けに口頭試問の対策を解説していきます。

スポンサーリンク

編入試験での口頭試問の実態

編入学試験では口頭試問を実施する大学が多いです。というかほとんどの大学では実施されている印象です。

ぼくの友達では募集要項には面接とだけしか書かれていなくても、実際には口頭試問があったなんてこともありました。その逆もありました。

その辺、編入学試験はルーズなんですよね。

スポンサーリンク

口頭試問ではどのようなことが聞かれる?

口頭試問で聞かれる事は「〇〇について説明して」というようなことが多いらしいです。

力学なら保存力やエネルギー積分、電磁気ならガウスの法則やアンペールの法則などではないでしょうか。

正直、口頭試問は在学している学校でどれだけ真面目に授業を受けていたかが見抜かれるような試験だと思います。

なぜなら、いくら受験のために問題を解いたところで答えられないようなことが飛んでくることがあるからです。

筆記試験では主にどれくらい法則や公式を使えるのかが問われますが、口頭試問ではその法則やら公式についてどのくらい理解しているのかが問われます

問題をいくらといても口頭試問がうまくいかないということがあるのはこのためです。

では対策のしようがないのかと言えばそんなことはありません

では、具体的な対策を紹介していきます。

スポンサーリンク

口頭試問の対策

対策① 教科書の内容を理解する

教科書や問題集の問題をどれだけやっていても教科書を完全に理解できたと言えるでしょうか?

手を動かす勉強もすごく大切ですが、教科書を読み物として読む勉強も必要だと僕は考えます。

ぜひ、教科書をすみからすみまで読んでみてください

当然わからないところが出てきますので、その時は頭のいいクラスメイトに聞くやら、先生にきくやら、必ず解決しましょう。

対策② 法則や公式について説明する

教科書を読むことでインプットはできますが、アウトプットもしないと身になったことにはなりません。

どのようなことが聞かれるのか予想してそれに対する答えを作ってみてください

どのようなことが聞かれるかわからなかったら、研究室の先生など聞きやすい先生に聞いてみましょう。

答えを作るポイントとしては、簡潔に1行で説明することです。

スポンサーリンク

最後に

今回の話をまとめると、「口頭試問対策は教科書を読んで、内容を理解しよう」ということです。

僕は、編入学試験の口頭試問はどのような問題が出題されるかまったく想像が出来ず、受験時はとても不安になっていました。

しかし、受験を終えた今思うのは、いらない心配だったな、ということです。

編入学試験は割となんとかなるものです。僕の周りの友達も不安を感じながら受験にむかって戦った仲間はみんななんとかなっています。

頑張った人の未来は明るいらしいです。皆さん、頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました