【高専生活】少し特殊な高専の部活の実態について説明します!!

高専
スポンサーリンク

こんにちわ、RiKです。

今回は高専の部活事情について説明していきます。これは僕が在籍する高専の部活のことを実体験をもとに書いているのですべての高専に当てはまるものではないので、参考程度に。

まず、高専についてあまりよく知らないという方はこちらの記事をご覧ください。

では、行きましょう。

スポンサーリンク

高専にはどのような部活がある?

これはもちろん各高専によりますが、多数(自分の在籍する高専では29)の部活が存在しました。

運動部は野球部、サッカー部、陸上部、バスケ部、バレー部などどこの学校にもある部活は当然ありますし、自転車愛好会などもあります。

文化部は吹奏楽部、美術部、理科部、茶道部などがあります。

スポンサーリンク

高専の部活の特徴

運動部より文化部のほうが多い

僕が在籍する高専では運動部より文化部のほうが多いです。

運動部はそれほど変わった部活は少ないですが、文化部は高専ならではという部活も存在します。

例えば、ロボット研究会、エコノパワー研究会、電算部、構造デザイン研究会などがあります。

特にロボット研究会(以降、ロボ研)はどの高専にもあるらしく、特に精力的に活動している部活です。高専のロボ研の大会(ロボットコンテスト)はNHKで放送されるらしいです。ロボ研に入ることが目的で高専に来る学生もいます。

部活動はあまり活発ではない

高専の部活は高校の部活ほど活発ではありません。

僕がいた野球部は結構厳しくて、毎日練習していましたがこのような部活は例外的です。ほとんどの部活は厳しいことはなく、あまり活動自体も少ないようです。

高専の部活が厳しくなく、活発ではない理由は部活自体が大学のように学生主体であることにあると思います。

高専の部活に顧問はいますが指導などは基本しません。ただ、部の責任者として存在するだけです。

部活を作りやすい

部活を自分で作ることもできます。部活を作るのに必要なことは部員の確保と顧問となってくれる先生の確保です。

僕のいる高専では部員数があまり集まらなくても愛好会としてクラブ活動を発足させることもできます。

入りたい部活が高専になかったという人は仲間を集めて部活を作りましょう。

上下関係はあまりない

上下関係はあまりありません。 高専生はあまり体育会系のノリではないですから。

どの部活も楽しくやっています。

スポンサーリンク

最後に

高専の部活にはあまり期待しないほうがいいです。

がつがつしている部は少ないです。しかし、それ故の楽しさもあるでしょう。運動を純粋に楽しめます。

部活を第一に考える学生はほとんどいなく、みんな勉強とプライベートを大切にしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました