【商品レビュー】niz atom66 静電容量無接点容量式キーボードが最高だった【Vinpok taptekと比較】

ガジェット
スポンサーリンク

1ヶ月ほど前、メルカリで新品同様のniz atom66というメカニカルキーボードを買いました。値段は13000円。キーボードにしては高いですよね。

僕はこれからしっかりブログを書いていくつもりなのでインターフェース環境は整えて置きたいと思ったので買っちゃいました。

ではまずはこのキーボードの説明です。レビューだけ見たい方は説明は読み飛ばしていただいて結構です。

スポンサーリンク

niz atom66とはどんなキーボード?

静電容量無接点式

これはキーボードの構造の話です。打鍵感に直接かかわってくるところですね。

静電容量無接点式のキーボードはキーボードの中ではとても高級なほうです。特に有名なのは国産のHHKBや東プレのREALFORCEですね。これらが静電容量無接点式の顔ですね。

構造の詳しい話は分かりませんが打鍵感がたまらなく、耐久性の高い方式らしいです。

66のキーがある

atom66はその名の通り66個のキーがあります。

この数はキーボードの中ではとても少ないです。テンキーはもちろんありませんし、ファンクションキーなどは写真の通り数字キーと共有です。

静音設計

打鍵音はまあまあ静かです。店の中や外などある程度騒音があるところでは全く気にならない程度だと思います。

しかし、家で一人で作業をしているとキーボードの音ははっきりと聞こえますので、新幹線など静かなところでは厳しいでしょうか。

Bluetooth・USB接続

Bluetooth4.0とUSBの両方の接続方法に対応しています。これはとても便利ですよね。

無線は外出先や家の中で移動して作業する際はとても使い勝手を良くしてくれます。

USB接続の場合、端子はUSB type-cとなります。これがまたいい。最近はスマホ、タブレット、パソコンなどどれもタイプcになってきているのでケーブルを多く持ち運ばなくて済みます。

atom66の主な特徴はこれくらいです。

スポンサーリンク

本題のレビュー

カスタマイズ性が高い

やはり、カスタマイズ性は高いです。キーキャップはCherry MX軸(メカニカルキーボードで多く使われる)を使っているのでキーキャップを自分好みに変えることができます。

さらに、windowsのソフトでキーをプログラマブルできます。これは僕は使わないと思いますが開発者などにはうれしいですね。

あと、Mac用のキーキャップがついています。これはMac使用者にはうれしいですね。

僕の場合はiPadで使うことが多いのでWindows用のキーキャップは外しています。あと、右のものはなんでしょう?

このキーボード、実はキーの重さを調節できるんです。ノーマルは35グラムですが、付属品のばねをつけることで45グラムにすることができます。僕は人差し指と中指のところだけ荷重を重くしています。そのような使い方がおすすめです。

打鍵感がいい

打鍵感はとてもいいです。初めての静電容量無接点式のキーボードでしたがとても気に入っています。

打鍵音も心地よく、擬音語で表すとシュコシュコという感じです。

ストロークは一般的なデスクトップ用のキーボードよりは浅いと思いますが、ぼくにはちょうどいい感じです。

デザインはいいとは言えない

デザインはあまりいいとは言えないです。

1万を超えますが細部のデザインは普通の安いキーボードと同じような感じです。細部というのを具体的にいうと、角度調節の小さなスタンドがプラスチックである、またそのスタンドがたたむときに壊れそうな音が出るので怖い、キーボードを片手で持ち上げると軋むような音がするなどです。

あと、カラーバリエーションがホワイトしかないので残念。もっと色が出ていて欲しかったですね。黒とか。

まさか、これだけHHKBを真似しておいてパクリと言われるのが怖かったっとか。

サイズはいい感じ

サイズはコンパクトでちょうどいいです。無駄なキーがほとんどなく、これだけキーがないのに方向キーが使えるのはとても評価できるところではないのでしょうか。

ただひとつ申し上げるとしたら、キーボードが少し高くなっているところですかね。そもまましばらく使っていると手首が疲れてきます。しかし、この問題点は自分は自作パームレストで解決済みです。

スポンサーリンク

taptekとの比較

先日レビューしたいま注目のメカニカルキーボード taptek と比較してみたので、相違点を申し上げていきます。taptekのレビューはこちらに上げておきます。

【商品レビュー】Vinpok taptekの機能は最高、しかし、、、
Vinpok taptekとは まずはじめにtaptekの説明を簡潔にしたいと思います。taptekはかつてクラウドファンディングで多くの出資金を募ったBluetoooth対応のメカニカルキーボードです。これからはいつかはわか...

Atom66の方が優れている点

打鍵感

打鍵感はatom66の圧勝です。こちらの方がずっと素晴らしいです。

taptekは個人的にはかちゃかちゃという音と押し心地が気になりました。

カスタマイズ性

これはatom66はCherryMX軸というのが大きいですね。あとキーキャップがMac用とWindows用に用意されている点もいいですね。

taptekはカスタマイズ性はほとんどありません。

Atom66の方が劣っている点

携帯性

携帯性はtaptekですね。taptekのコンセプトに薄型という点があるので当然と言われれば当然ですね。

あと、atom66の方が重いです。atom66は約700g、taptekは約500gですのでtaptekの方が持ち運びやすくなっています。

操作性

操作性で明暗を分けたのは端子の位置、電源ボタンの仕様、バックライトの使い方です。

端子は両方USB type-cというのはとてもいいですがatom66は端子の位置が奥に入り込んでいます。これは差し込むとき少し使いにくさを感じてしまします。

電源ボタンは写真の通りtaptekの方が使いやすいです。

バックライトはtaptekはバックライトキーがあるのに対し、atom66はFnキーとどっかのキーです。バックライトキーがある方がわかりやすいです。

しかし、atom66はFnキー+どっかのキーで色々なことができるので使いこなせることができるようになればとても使いやすくなると思います。

使いはじめの操作性の感想はtaptekというはなしですね。この話を例えるなら数式をTexで書くか、ワードで書くかということですかね。

デザイン

デザインはtaptekが良すぎます。taptekのデザインはApple信者などにはたまらないのではないでしょうか。atom66は少しレトロな感じのキーボードという感じです。

スポンサーリンク

まとめ

僕的にはtaptekよりatom66の勝利です。

これは使用者がキーボードに何を求めるかで変わってくると思います。僕は打鍵感第一なのでこれからはとりあえずatom66を使っていこうと思います。

デザインはイマイチですがこの値段でHHKBとほぼ変わらないものを買え、コスパはとてもイイです。

静電容量無接点の打鍵感はマジで驚きのものではまります。皆さんもぜひ買ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました